あの日のインフルエンザ

あの日のインフルエンザ

天井に電気の蛍光灯が叩きつけられ

その破片が4、5m先まで飛び散り

キッキンの戸棚の中身は全て揺れで落ち

引っ越す前のようにすっからかん。

冷蔵庫も斜め回転し扉が開き

ありとあらゆるものが

揺れの衝撃で崩れました。

壊れていく大きな音が

さらに恐怖を追い打ちをかけてくるので

何度も気を失いそうになった私の口の中は血だらけでした。

それがちょうど7年前。

娘がインフルエンザになり

仕事を時間休もらい

そろそろ行こうとした時

あの大きな地震はやって来ました。

あれから色々あったけど

私も娘も元気に生きてます。

起震車で1番の強い揺れを体験した娘は

『あの日の揺れとは全く比べ物にならなかったー』

と、、、

あの日の揺れは震度10くらいだったかもね。

向かいのマンションの人は

うちの建物が折れると思ったくらい揺れていた!

と言ってました。

わたしも家の中で

完全に折れるかと思いました。

泣き叫ぶ小学3年生だった娘を

笑顔で抱きしめ

『大丈夫だよ大丈夫だよ〜(*⌒▽⌒*)』

といいながら

何度も恐怖で気を失いそうになりながらも

舌を噛み、心の中では

『この子だけは助けてください!!』

と寝ていた布団を

何重にも頭と体に巻き付け

もし、この建物が折れてもこの子だけは守ってください。

と。

地震が発生してから

家を出るまで1時間かかりました。

コンタクトを外していてまず目がほぼ見えなかったこと。

目は大切なことを改めて知りました。

今日は色々な思いを胸に過ごす1日になりそうです。